経費削減策、経費削減項目を整理して行う経費削減!

実際に経費削減を行うにあたり最初に行うことは、
まず具体的に要る費用と要らない費用に分けることです。

会社の費用を大きく分けると、2つの費用に分かれてきます。

まず1つは固定費、固定費とは売上等に関わらず、
毎月一定金額で掛かる費用のことです。

例えば、福利厚生費や旅費交通費、保険料、人件費、通信費、
水道光熱費などが上げられます。

この固定費は頻繁に経費削減について見直しをしなくても、
継続して利益に寄与します。

固定費からの経費削減を考えると、まず削減可能な経費と必要な経費に分け、
経費削減が可能な費用については早めに見直しをすれば、
すぐに経費削減の効果が期待できます。

そしてもう一つは変動費、変動費とは簡単に言うと
売り上げの増減によって変わる費用のことです。

変動費は売上は一定であっても、仕入れ原価の見直しをしたり、
輸送費などの物流コストを見直すことにより、経費削減の効果が期待できます。

経費削減を実現させるには、継続性が重要な要素になります。

経費削減は日々の積み重ねであり着実な行動を徹底すれば、
必ずのちの会社の利益として成果があがるでしょう。