経費削減策は、決して経営者のみが考えるものではなく、
全社一丸となって、経費削減策を考える必要があります。

さらに経費削減を実現させるためには、社員に経費削減に
対して常に意識づけさせておく必要があります。

例えば、水道光熱費の経費削減。
水道光熱費の経費削減は社内全体に浸透しやすく、
会社の規模が大きいほど成果が上がります。

ですが浸透しやすいとは言っても、社員の中には給料が上がらないなら
会社の利益なんて関係ないという考えを持つ社員もいるでしょう。

そのような社員が常に経費削減に対して意識を持つようにするためには、
実際に経費削減策を自ら計画させる必要があります。

実際に経費削減策について自身の考えを持たないと成果はでません。

人の考えと、自らの考えでは、
経費削減に対する意識はかわってきます。

経費削減を行うには、まず社員に経費削減策について自ら
検討し、常に高い意識を持たせる必要があるでしょう。